ホーム > 法愛 10月号 > 終わりの詩

終わりの詩

今度は私が

人は
やさしくされると
心が
あたたかくなる

人は
親切にされると
ありがたくなる

その思いを
忘れないでいて

今度は私が
やさしく親切に
してあげる

そうして
少しずつ
努力し
善を
積んでいくと

その努力が
必ず
むくわれて

心が
あたたかくなる
生きているのが
ありがたくなる