ホーム > 法愛 1月号 > しきたり雑考

しきたり雑考(33)

七草がゆと鏡開き

今月は「七草がゆと鏡開き」についてお話し致します。

1月7日には「七草がゆ」をいただく習わしがあります。
あまり美味しいものではありませんが、
料理の仕方で、まずまずの味にもなります。

お正月の間にいただいた食べ物でお腹が疲れているのを癒すとともに、
無病息災を願ったり、邪を祓うために食べるとも言われています。

七草爪(づめ)といういわれもあって、
七日の朝、七草がゆに使う菜を浸(ひた)しておいた水で、
爪をしめらせてから爪切りをすると、一年風邪をひかない
という習慣もあるようです。

またある地方では七草を入れたお風呂につかると、
病気をしないという習わしもあるようです。

七草はご存知のように、
「すずな・すずしろ・せり・はこべら・なずな・ごぎょう・ほとけのざ」
です。ここで七草の効用を書いてみます。

すずなは、止血、解熱効果があり、血圧をさげる効果もあるようです。
すすじろは、せきやたんをおさえ、消化を促進し、便秘解消効果もある。
せりは、鉄や植物繊維が多く含まれていて、貧血や便秘の解消に効果がある。
はこべらは、タンパク質やミネラルが含まれ、栄養豊富な薬草だそうです。
なずなは、ジアスターゼを含んでいて、消化を促進させる解毒効果がある。
ごぎょうは、せきやのどの炎症に効果があり、風邪予防になる。
ほとけのざは、植物繊維が豊富で、食欲増進や胃を丈夫にする。

『くらしの歳時記』より

これら七草の効用を見てみると、正月に疲れた胃を改善し、
弱った身体が風邪をひかないように健康に過ごしていけることを願ったのです。
医学的にも、こんな利点があるのですね。

鏡開きは、1月11日です。神様に供えたお餅を食べる行事です。
この鏡餅には神様が宿っているとされていて、
神事にも仏事にも欠かせないものです。
この鏡餅は神様との縁が切れないようにと、
「切る」「割る」「砕く」という言葉を使わずに、「開く」という言葉を使います。
言霊(ことだま)を信じた、日本の特徴のある文化ですね。

この餅には神様が宿っているので、刃物を使って切ることはしないのです。
神秘的はことが、昔から伝えられてきたのです。

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: