ホーム > 法愛 1月号 > 終わりの詩

終わりの詩

豊かさを尊ぶ

水が
豊富にあることは
嬉しいこと
食べ物に
困らないことも
幸せなこと

そんな生活の中に
ずっと浸っていると

そのことが
どんなに
有難いことか
分からなくなる

心が物の豊かさに
おぼれて
感謝することを
忘れてしまうのだ

豊かであることは
尊い

心も
いつも
豊かであれと願う

なぜなら
豊かな心は
物への慈しみを
忘れないからだ


訪問者数:    本日: 昨日: