ホーム > 法愛 11月号 > 終わりの詩

終わりの詩

美しい花びら

人は
ひとりでは
生きていけない

生きていけないから
私のできることを
してあげたい

笑顔
ひとつでもいいし
やさしい
言葉でもいい

相手がそれで
幸せになれれば

こんなに
うれしいことはない

そうすると
なぜか
自分の心が
あたたかくなるのです

自分の心に
何か大切なものを
いただけるような
気がするのです

心に
美しい花びらが
舞い込んでくるのです