ホーム > 法愛 7月号 > 終わりの詩

終わりの詩

くじけない

くじけないで

この世は
思うようにならないこと
ばかりだけど

だから
生きがいが
あるのかもしれない

思うようにならいって
不満ばかり言っていたら
幸せになれないと思う

タンポポだって
すみれの花だって

きっと
自分の思うような所に
咲けないけど
くじけないで
ほほえんでいるでしょ

辛いことがあったら
ほほえんでみるの

そうして
むかし約束した
神さまのことを
思い出してみるの

注、本文の柴田トヨさんの口調をまねして作ってみました。


訪問者数:    本日: 昨日: