ホーム > 法愛 6月号 > 扉の詩

扉の詩

(247)「立ち向かう」

現実に
いま
起こっていることを
素直に
受け入れられれば
よいのだが

受け入れがたい
現実からは
逃げたくなる

いったん逃げて
立ち向かう
力をつける
それもよし

逃げずに
立ち向かっていく
そんなときもある

前向きに
耐えながら
自らの力を信じて
立ち向かう

そして
大いなる存在が
ともに
歩んでいることも
忘れない