ホーム > 法愛 5月号 > 扉の詩

扉の詩

(234)「良心の声」

みんなの心に
良心が住んでいる

何か
いけないことをすると
それはいけない
してはいけない と
注意をしてくれる

何か
善いことをすれば
それはいいこと
大切なこと と
ほめてくれる

そんな声が
心の底から
聞こえてくる

怒りをおさえ
穏やかに
足ることを知って
満足のときを過ごす

そんな日々に
良心の声が
小鳥の
さえずりのように
聞こえてくる


訪問者数:    本日: 昨日: