ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

(236)「光をあびる」

人は悩みがあると
うつむき下をむく

悩みで苦しみ
大地に咲く
花のほほえみが
見えない

アスファルトを
突き破って生きぬく
雑草の強さ
気づかない

そんなとき
上をむいて
青い空を見る

爽やかな空の広さに
おのれの悩みの
小ささに気づく

気づけば
いつもの笑顔に
きっともどるはず

下を向いて
泥を見るか
上を向いて
太陽の光をあびるか

それを決めるのは
相手ではく
自分自身なのだ


訪問者数:    本日: 昨日: