ホーム > 法愛 9月号 > 扉の詩

いつも

(214)「心の器」

心に
何でも入る器を
誰もが持っている

その器に
何を入れるかで
その人の
人格が変わってくる

心の器を
不満で満たせば
顔や姿
行動までもが
不満だらけの
人になる

心の器に
感謝の思いを
満たせば
いつもほほえんで
相手を思う
そんな人になる

心の器に
何を盛ろう
どんな思いで飾ろう

幸せになれる
そんな思いを
そっと盛ってみる


訪問者数:    本日: 昨日: