ホーム > 法愛 11月号 > 扉の詩

扉の詩

(216)「小さなこと」

ささいで
小さなことは
日々の生活のなかに
たくさんある

小さなことだから
ないがしろにしたり
いいかげんに
あつかってしまう

そんな
小さなことでも
一つひとつ
大切にしてみる

お茶をいれる
はき掃除をする
服をたたむ

ゴミを拾う
ありがとうと
ゴミを捨てる

はいと返事をする
おかげさまと
言葉に
やさしさをそえる

小さなことだけれど
大切にしていくと
生きる喜びが
増してくる


訪問者数:    本日: 昨日: