ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

(227)「生きる意味」

何にでも
そこに意味がある

花が咲くにも
散っていくのにも
きっとそこに
大切な意味がある

私たちも
偶然でなく
意味があって
この世に生まれてきた

この世で体験する
出来事にも意味があって

意味があるから
さまざまな出来事が
起こってくる

苦しみも悲しみも
つらいことも喜びも
一つひとつの出来事に
深い意味があるはず

だから
負けないで
一生けん命生きていく

やがて
ああそうだったのかと
理解する日がくる


訪問者数:    本日: 昨日: