ホーム > 法愛 9月号 > 扉の詩

扉の詩

(238)「幸せを広げる」

洋服を買い
身につけて
幸せを思う

香りゆたかな
コーヒーを
いただいて満足し
静かに
幸せを思う

していただいて
ささえられ
なんて幸せかと思う

そんな幸せを
もう少し広げてみる

困っている人に
手をさしのべ
その人の
安心した笑顔を見て
幸せを思う

自分だけの幸せでなく
相手の幸せを
手助けしてあげる
そうすることで
幸せが倍になる

そう気づくと
お互いが
支え合っていけば
さわやかな笑顔が
広がっていく