ホーム > 法愛 3月号 > 扉の詩

扉の詩

(232)「心の乱れ」

人は小さなことで
いらいらし
心を乱すことがある

相手の
何気ない言葉に
不満を思い
いらいらする

相手が
自分の思うように
動いてくれなくて
いらいらすることもある

相手ばかりでなく
自分のふがいなさに

そして
知恵のたりなさに
いらいらする

いらいらすると
相手や出来事を
正しく見つめることが
できなくなる

小鳥のさえずりを聞き
花と語り
あたたかな春の陽に
心を休めて

いつもの
穏やかな私にもどる


訪問者数:    本日: 昨日: