ホーム > 法愛 1月号 > 扉の詩

扉の詩

(242)「心を染める」

初春を迎えると
人は新たな思いに
心を染める

その色も
やがて あせて
初心を
忘れてしまう
ときがある

朝は
笑顔色なのに
夕べには
怒り色に
染まるときがある

いらいら色に
染まっても
優しさ色に
もどるとき

自らが
何色に染まるかを
正して決める
そして
自らの美しい色を
ずっと
もち続けたいと思う

あの寒風にほほえみ
松の緑のように