ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

(224)「数えてみる」

人は
欲深くなると
自分の足りないところ
ばかりを
数えてしまう

相手の
恵まれている
そんなところばかりに
目がいってしまう

もっと
もっと欲しい
その思いが
実は自分の心を

醜くしていることに
気づかない

ほんとうは
もう充分に与えられている
そんなことごとを
静かにふり返り
数えてみる

感謝の涙が
欲深なわたしを
洗い流していく

やさしさが
心いっぱいに
広がっていく


訪問者数:    本日: 昨日: