ホーム > 法愛 9月号 > 法華経の詩

法華経の詩

法華経の詩(55)

法華経の詩(55)授記品 第六(1)

世尊なる仏は
そこに集まった
すべての人びとに話しかけた

私の弟子である
魔訶迦葉(まかかしょう)は
未来世において /p>

仏を師事し
仏の教えに従って修行し
仏を供養し 尊重し 讃嘆し
礼拝するであろう /p>

そして最後の化身において
「さとり」に到達し光明如来となって
この世に生まれるであろう /p>

そして 完全なる学識と
優れた智慧を備え
この上なない幸いに達し
最もよく世間を知り
人びとの心を知って幸せに導き
神々および人間の教師となり
仏であり 世尊となるであろう /p>

彼の生誕した国は光徳といい
その仏国土は清浄で
石や砂利がれきが取り除かれ
断崖(だんがい)もなく
溝や汚水のたまりもない /p>

平坦で心地よく
風光明媚(めいび)で
木々は宝石のように輝き
花は黄金のようにほほえんでいる /p>

そこには 数々の求法者が現れ
無数の弟子ができるであろう
悪意を持った悪魔も
その姿を現すことがないが
やがて彼らも
正しい教えを受け入れるようになる


訪問者数:    本日: 昨日: