ホーム > 法愛 7月号 > 終わりの詩

終わりの詩

立ち止まる

急いでいると
道わきに咲いている
小さな花に
気づかない

あわてていると
空を行く
雲の美しさに
気づかない

少し立ち止まって
あたりを
見まわしてみる

小さな花の輝き
鳥のさえずり
澄んだ空気の流れ
子ども達の
笑い声

みんな新鮮で
生かされて
自分の心の姿も
しだいに見えてくる

どん欲を去り
怒りを静め
不満を捨て
また歩きだす


訪問者数:    本日: 昨日: