ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

光の言葉

人は
自分の
足りないところを
つい数えてしまう

そこに
出てくるのは
不平不満の言葉

そうではなくて
自分の
与えられているものを
静かに眼を閉じて
数えてみよう

あたりまでないことが
たくさん
見えてきて

こんなに
守られている
私であったかと
思えてくる

そこに
出てくる言葉は
ありがとう

ありがとうは
光の言葉だ

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: