ホーム > 法愛 10月号 > 法華経の詩

法華経の詩

法華経の詩(62)

化城喩品 第七(4)

大通智勝如来(だいつうちしょうにょらい)が 大いなる「さとり」に達した

彼の如来が
未だ出家しなかったとき
十六人の息子がいて
その長子を智積(ちしゃく)といった

その十六人の 息子なる王子たちは
彼の如来が
大いなる「さとり」に達したことを知り
如来のもとに赴き
合掌して 如来を讃えて語った

すべての人間を済度しようと
ひとつの座に坐って
身体を動かすことなく
確固として 揺らぐことなく
心は平静で 混乱することなく
一切の汚れを祓い 最高の「さとり」の達した
あなたに 祝福を送ります
私たちは このような宿縁に出会い幸せです

今 人間は
あらゆる苦悩にさいなまれ
どう生きることが正しいことなのかも 知りません

ゆえに 苦悩を終わらせる方法も知らないし
苦悩を終わらせるための 努力もしません
苦しみはさらに大きくなり
天上の人びとさえ 堕落に身をゆだねています

まことに この世において
仏の教えを長く聞くことができず
すべてが 闇(やみ)の中にあるようです

この世において
あなたは最高の教えを得ました
この世界のすべてを知った 仏よ
あなたの守護を求めます
教えの車輪(法輪)を回して 法を説き給え