ホーム > 法愛 > 法華経の詩

法華経の詩

法華経の詩(12)

序品 第一(12)

文殊は弥勒に さらに深遠な真理を語った

日月燈明如来(にちがつとうみょうにょらい)が
今夜の真夜中に この世を去ると予言したように
そのように 真夜中に涅槃に入った

その後(のち) 妙光(みょうこう)菩薩は
仏の説かれた妙法蓮華経を理解し
多くの人のために その教えを説いた

日月燈明如来の八人の子は
妙光菩薩を 師としてよく学び
大いなる悟りの心をえた
八人のうちで最後に仏となった者の名を
燃燈仏(ねんとうぶつ)という

妙光菩薩に八百人の弟子いたと語ったが
その八百人の弟子の中に
求名(ぐみょう)という者がいた

かれは人から尊敬されたいと願い
名声をえたいと思っていたが
教えを悟ることができずに忘れ
それゆえに 名声を欲しがるという意味の
求名という名がつけられたのだ

しかし そんなかれであっても
善を積んで 多くの仏に役立つ生き方をした
役立つ生き方ばかりか
真に信仰心を起こし礼拝をかかさなかった

弥勒よ そのときの妙光菩薩は
私すなわち文殊であり 求名という名のものは
あなた 弥勒自身であったのだ
前世での縁は 今に続いているといえる

今日 仏が瞑想に入り 不思議な世界を現わしたのは
妙法蓮華経が説かれるためなのだ
諸々の人びとよ 今まさに知ろう
合掌して仏の法雨(ほうう) 教えを受けよう

(序品 了)


訪問者数:    本日: 昨日: