ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

(233)「美しい流れ」

人生は
川の流れのように
常に流れ
とどまることがない

その流れは
陽の光をうけ
きらきら輝いて
美しい

不満なこと
許せないこと
失敗したことや
やるせないことに

いつまでも
時間をとめて
悩み苦しんでしまう

清き水の流れが
すべてを
洗い流していくように

過ぎ去ったことに
とらわれていないで
嫌なことは洗い流し
大切な出来事は
笑顔でうけ

今日の日を
美しく流れていく


訪問者数:    本日: 昨日: