ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

(209)「自分勝手」

自分にとって
都合の良いことは
ここちよい

自分にとって
都合の悪いことは
気がすすまない

相手も
そうだと思うから
お互い
自分勝手なことを
していると

やがて
ぶつかり合って
けんかになる

少しがまんして
相手の言い分も
聞いてみる

よく考えて
よく話し合って

慈しみの思いを
心のなかに
広げてみる