ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

(200)「思いをこめる」

思いは
物に入りこむ
思いは
仕事に入りこむ

思いは
人の心にも入りこむ

いやいやした仕事は
それが
目に見て同じでも
何かしらそこに
マイナスのエネルギーが
発生している

あたたかな
思いでした仕事は
何かしらそこに
あたたかなものが
宿っている

挨拶するときも
お掃除をするときも
人のお世話をするときも
そして
手を合わせるときも

あたたかない思いを
そこに
添えてみる


訪問者数:    本日: 昨日: