ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

おおらかに

とらわれなく
意固地にならず
いつも
おおらかに
ほほえんでいる

悲しいときも
苦しいときも
その事ごとを
静かに感じとって
おおらかに
受けいれていく

春のせせらぎのように
あたたかな風が
吹きぬけていくように

人生の大河を
おおらかに生きていく

苦しみはともにし
幸せは与え合い

困っている人には
手をさしのべ
それでいて
自慢もしない

おおらかに
今日も
いつものように
ほほえんでいる


訪問者数:    本日: 昨日: