ホーム > 法愛 8月号 > 扉の詩

扉の詩

花を植えよう

相手の人に
何をしてもらおうかと
いつも考え
幸せを思うのでなく

自分は相手に
何ができるのかを
考えます

なぜなら
自分が
気づいていなくても
多くを支えられ
生きているからです

してもらうより
難しいことで
責任もともないますが

この前向きな
生き方が
心に輝きを与えます
心の喜びを与えるのです

少しでもいい
与える側の
お花畑に入って
花を植えましょう

きっと
ほほえみの花が
咲きます


訪問者数:    本日: 昨日: