ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

寄りそう

人はとかく
自分のことを
中心に考えるものです

そうして
知らずに
相手を傷つけ

相手と
気まずい思いに
なるのです

そんなとき
相手の気持ちに
寄りそってみます

相手は
どんな気持ちで
いるのでしょう

相手は
何を望んで
いるのでしょう

少し
自分のことをおさえて
相手の気持ちに
自分の思いを
重ねてみます

きっとそこに
今まで気づかなかった
尊い世界が
見えてきます