ホーム > 法愛 7月号 > 扉の詩

扉の詩

野辺の花

花にも
たくさんの
種類があります

白くて小さな花
赤くて柔らかな花
ピンクで笑顔の花

いろんな花があって
みんな違っていて
きれいです

その違いが
春の美しい
のどかな景色を
つくっています

私という人間も
世界に一人で
他の人と
どこか違っています

名も知れない
小さな私という
花かもしれないけれど

できることを
精いっぱいして
自分の花を
咲かせていく

その生き方が
この世の野辺に
美しい景色を
つくっていきます


訪問者数:    本日: 昨日: