ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

温もり

温もりは
肌の温もり
だけではありません

やさしい
眼差しのなかに

ありがとうの
言葉のなかに

相手を思う
笑顔のなかに

悲しみを
分かち合って流す
涙のなかに
温もりはあって

相手に
安らぎを与えて
通り過ぎていきます

この温もりを
すべてに込めてと

春の陽が
ささやいています


訪問者数:    本日: 昨日: