ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

病気を知る

人は誰でも
健康を害して病気になる
そのことで
不安がつのり
深く落ち込むものだ

病気の原因は
さまざまだが
多くが
健康のおごりと
不節制からくるようだ

まずは自分の病気を
人生の学びとして
受け取ることだ

「人は
一人では生きられない」
病気から知る
一つの真理である

頭(こうべ)をたれて
謙虚になることだ
感謝の思いを深くし
我見を取り去れ

していただくことを
素直に受け入れ
ほほえみをたたえよ

やがて
苦しみは去っていく

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る