ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

生きぬく力

かつては
一枚の葉も
つけていなかった木々が
たくさんの葉をまとい
涼風にゆれる

あの葉を
茂らせた力は
どこからくるのだろう

生きようとする
力強い意志は
どこからくるのだろう

自然の生きぬく力は
すさまじい

私のうちにも
そんな力が
あるのだろうか

どんな困難にも
打ち勝ち
生きぬいていく力が・・・

けやきの大木に
身を寄せて
静かに思う
私にもきっとあると

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: