ホーム > 法愛 > お釈迦様の生涯

お釈迦様の生涯

釈尊の願い(117)

イラスト・山中一正

チャンチーのたくらみ

コーサラ国の外教の人たちが
仏陀の法の力と神通力で負けると
さまざまな嫌がらせをしてきた

そのなかにチャンチーという
美しい遊女の事件があった
外教の人たちから相談を受けたチャンチーは
仏陀を貶(おとし)めようとある行為にでた

コーサラ国の首都サーヴァッティーに
スダッタが寄進した祇園精舎があった
そこには多くの人がお参りし
仏陀の説法を聞きに来ていた

チャンチーは
祇園精舎へ参詣に来る人々が帰るころ
行き違いに祇園精舎に行き
翌日みんなが祇園精舎に来るころ
そこから出てくるというふうに振舞った

みんなにそのわけを聞かれると
仏陀の香室(寝室)にとまってきたと嘘をいう
サーヴァッティーの人々も仏陀を疑い初めていた

3、4ヶ月するとチャンチーは
下腹部に布をまいて妊娠したように見せかけ
私はゴータマに妊娠させられたといいふらした
八、九カ月もすると
下腹部に木で作った丸い板をつけ
出産が間近い妊婦のような姿をして祇園精舎に行った

夕方の説法に仏陀が現れるとチャンチーは
あなたは口ではいいことをいっていても
かげでは私と享楽を欲しいままにし
私を妊娠させたではないかと罵倒した

仏陀はいう
あなたのいっていることがほんとうかどうかは
私とあなただけが知っている
そう涼やかな眼(まなこ)でチャンチーを見た
すると急にお腹にまいていた丸い板が足もとに落ち
妊娠が偽りであったことがばれてしまった

正しいものは
必ず勝利するといえよう

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: