ホーム > 法愛 5月号 > 終わりの詩

終わりの詩

心が痛むとき

悪口を言われ
傷つき
嫌味を言われ
心が痛み
意地悪をされて
心が沈む

そんなとき
まわりにある
少しの幸せを
見つけて
心の傷口に
ぬってみる

花が
ほほえんでいる
風がやさしい
小鳥のさえずり

家族がいて
笑顔があって
愛する人がいる

そんな
小さな幸せを
見つけていくと
しだいに
心がいやされていく


訪問者数:    本日: 昨日: