ホーム > 法愛 7月号 > 終わりの詩

終わりの詩

心に花を

しみじみと
幸せを思う

守られ
生かされ
ここまで生きてきた

しみじみと
喜びを感じる

ほんの
小さな出来事が
嬉しく
ほほえみが
こぼれおちる 

目が覚めて
今日も命をいただいたと
手を合わせる

特別なことが
あるわけではないが

こうして
無事に暮らせることが
ありがたい

そんな
ひかえめな思いが
心の中に一つひとつ
花を咲かせる


訪問者数:    本日: 昨日: