ホーム > 法愛 10月号 > 終わりの詩

終わりの詩

してあげたい

手伝いを
させられた
家事を
やらせられた
仕事を
押しつけられた

させられる
やらされる
押しつけられる
から・・・

してあげたい
やってあげたい
させていただいて
ありがとう

どうせ
するならば

そのことに
逃げないで
攻めの精神で
チャレンジしていく

そうすると
今まで
見えなかった世界が
見えてくる

ありがとうの世界が
見えてくる