ホーム > 法愛 7月号 > 終わりの詩

終わりの詩

自分を変える

人はみな
考え方が違ったり
生活の仕方も
違うものだ

味噌汁の味も違えば
寝る時間も
趣味さえも違う

それは
それでよいのだが

自分の考えや
やり方を
相手に
押しつけ続けると

相手の心に
不満の思いが
満ちてきて
やがて
一緒にいられなくなる

少しとどまって 相手の気持ちを 察してみよう

少し 自分を変えて 相手のことを 考えてみよう


訪問者数:    本日: 昨日: