ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

幸せがついてくる

不幸を
かみしめると
幸せの有難さが
わかる

不幸も
ひとつの
学びかもしれない

でも
いつまでも
不幸を
ひきずっていると
幸せになれない

いつも明るく
小さな幸せも
感謝して
受けとめてみる

こちらから
自分のできることを
相手にしてあげて

何ごとも
自分の責任で
生きていく

そこに
影が寄りそうように
幸せがついてくる