ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

必要な人

みんな
必要とされて
生まれてきた

いえ
必要な人になるため
生まれて
きたのかもしれない

だから
自分のできる力を
精いっぱい
出して生きる

そんな姿が
美しいと思う

してもらう
ばかりでなく

相手を思い
こちらから
手を差しのべる

そんな生き方が
必要な人となるための
大切なあり方だと
深く思う