ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

幸せを見る

自分の
心の状態によって
見え方が違ってくる

同じ物でも
同じ人でも

自分の心が
怒りで満ちていれば
嫌なものに見える

自分の心が
慈しみの思いで
満ちていれば
好ましいものに
見えてくる

だから
幸せを見つけるのに
自分の心を

いらいらさせないで
ぷんぷんさせないで

やさしく
穏やかに・・・

そう保っていることだ

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: