ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

悔いなく生きる

誰しもが
一度は
死を受け取らなくては
ならない

そのとき
善を積み
感謝の念を抱いて
この世を生きた人は

あの世への旅路が
うれしくて
楽しくて
たまらないであろう

ありがたや
楽しくかえる
ふるさとへ

そんな歌を
口ずさみ
この世の美しい思い出を
心のポッケにいれて
ふるさとへ
かえっていこう

そう願い
人生の意味を
さらに極め
日々を
悔いなく
生きてみる

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る