ホーム > 法愛 > 終わりの詩

終わりの詩

雨にも負けず ―宮沢賢治

宮沢賢治作・カタカナをひらがなに変え、適宜に漢字を使いました。
「法愛」はすべて自作ですが、ここにはメイン法話の「人生計画のすすめ」で掲載した 賢治の詩が省略のままでしたので、ここに特別に載せることに致します。

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な身体を持ち
慾はなく
決して瞋(いか)らず
いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定にいれずに
よく見聞きしわかり
そして忘れず
野原の松の林の蔭(かげ)の
小さな萱(かや)ぶきの
小屋にいて

東に病気の子どもあれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って恐がらなくていいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくの坊と呼ばれ
ほめられもせず
くにもされず

そういうものに
私はなりたい

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: