ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

(235)「ありがとう」

助けてもらったり
支えていただくと
ありがたいと
思える

けれど
野辺に咲く花に
ありがとうと
声をかけるのは
あまりない

捨ててしまう
ゴミさんにも
ありがとうとは
言わない
かもしれない

ましてや
意地悪された人や
病気などの
辛い出来事に
ありがとうなど
言えるはずもない

でも縁あって
出会った人や
出来事には
何か深いわけがあると思う

苦しみが
癒(い)えてからでいい
何にでも
ありがとうと言える
そんな人になりたい