ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

(228)「ほほえみ返す」

名も知らない
小さな花

その場所に
最善を尽くして
咲いている

陽のあたらない
そんな
場所でも
輝いて咲いている

雨の日も
風の日も
時には踏まれても
不平を言わない

やがて
静かに立ち直り
澄んだ空を
見つめている

花のこころに
きれいな空が映る

花のほほえみに
雑念がない
汚れがない

私もそうありたいと
花に
ほほえみを返す