ホーム > 法愛 8月号 > 扉の詩

扉の詩

(210)「大切な言葉」

人生という河原には
石ころばかりが
ころがっていると
思っていました

でも
ひとつひとつのことを
大切に思っていると
石ころと思っていた
出来事や出会いが

砂金のように
光り輝いていたのだと
わかりました

日々の営みも
家事や仕事も
家族や友との
語らいも
そこからくる
苦しみや嫌なことも

ありがとうの
言葉をそえると
みんな
光りだすことを
知りました


訪問者数:    本日: 昨日: