ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

(204)「幸せの花」

幸せになるために
幸せを
習慣にする

それは
人生は幸せだと
思うこと
人生は
不幸に満ちていると
思わないこと

いつも幸せと
思っていると
いつの間にか

幸せが
引き寄せられてきて
幸せの花が咲く

いつも不幸だと
思っていると
不幸が
引き寄せられ
幸せの花が
育たない

幸せは
笑顔の花と
感謝の花を
いつも咲かせている