ホーム > 法愛 8月号 > 扉の詩

扉の詩

(203)「心を守る」

怒りは
誰にでもある

ひとつの言葉で
心が波立ち
怒りを思う

何気ない
ひとつのことに
不満を持ち
心が怒りに染まる

怒りは
心を傷つけ
正しい判断を
失わせる

だから
まてまてと
立ちどまって
心を守る

あんな小さなことで
怒らないと
自分に
言い聞かせる

プライドを捨て
不満を捨て
穏やかさを拾う
やさしさを拾う


訪問者数:    本日: 昨日: