ホーム > 法愛 10月号 > 扉の詩

扉の詩

あきらめない

あきらめない
その心が
悔いを残さない
人生にしてくれます

できないからといって
焦ることはありません

あきらめないで
ひとつひとつ
ていねいに
努力を
していくことです

事を成すには
エネルギーがいります
そのエネルギーは
あきらめない
心からきます

悲しければ
泣けばよい
苦しければ
愚痴もだせばよい

でも
あきらめないで
前に進むことです
やがて必ず
笑顔の花を抱けましょう