ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

やさしさ色

やさしさを
大切にすると
心が
やさしさ色にそまる

不満を思うと
心が
不満色にかわる

相手の言い分を
静かに
聞いてあげる

感謝の言葉を
ほほえみながら
言ってみる

させていただくことに
喜びをもつ

心が
穏やかになって
やさしさ色に
心がそまっていく

そうすると
相手もしだいに
やさしさ色に
そまっていく