ホーム > 4月号 > 扉の詩

扉の詩

心の花

幸せと
不幸せを
わけるものは

足りないものを
数えるか
あるいは
今あるものを
数えるかによります

人は
とかく
足りないものを
数えては悩み
不幸を思います

欲深な思いが
ついでてしまうのです

だから
冷静に自分を見つめ

今あるもの
与えられているものを
数えてみましょう

きっと
感謝の思いが
広がって
心にいっぱい
花が咲きだします


訪問者数:    本日: 昨日: