ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

立ち上がれ

何ごとも
自分の力を信頼し
生きていくことです

自分を
信頼できない人は
必ず他の人に頼ります

困ったときに
頼るのはよいのですが
それが
何度も何度も重なると
信用を失っていきます

自分を信頼できいな人は
自分の不幸を

まわりの人や環境の
責任にします

そこに出てくる言葉は
不平と不満です

人は自分の力で
立ったとき
相手から認められ
信頼されるのです

子どもが
道でころんだとき
泣きもせず
一人で
立ち上があがった姿を
想像してみてください


訪問者数:    本日: 昨日: