ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

分け与える

日本昔話に出てくる
よいおじいさん
おばあさんは

いつも微笑んでいて
与えることを
惜しみません

悪いおじいさん
おばあさんは

いつも怒っていて
欲深く
分け与えるどころか
人のものまで
奪おうとします

どちらが
幸せになれるのでしょう

昔の人は
物語にたくして
私たちに教えたのです

分け与えると
なんだか
減るように思えますが

もっと大切なものを
いただけるのだと

暮れになると
六地蔵のお話を
思い出します


訪問者数:    本日: 昨日: