ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

光の国へ

身体は
子どものころは
すくすくと
どこまでも
伸びていくように
みえます

やがて
厄年もすぎると
衰えが見えだし

年を取るにしたがって
あちら
こちらに
故障がでてきます

心は違って
どこまでも
伸びていきます

心には老いもなく
ほんとうは
病もないのです

心は
いつまでも若く
明るく輝いて
光の国へ
どこまでも
どこまでも
伸びていくのです


訪問者数:    本日: 昨日: