ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

飾らない

お化粧をして
身を美しく保つのは
とても
よいことです

この飾らないは
心のことです

コスモスの花が
自分を飾ろうと
萩の花びらを
ピアスにしたら
どうでしょう

コスモスでは
なくなってしまいます

心を飾る人は

自分を
本来の自分より
高く見せようとして

うそをついたり
傲慢な飾りを
つけてしまうのです

ほほえみに勝てる
美しさはないように

人の心は
素朴で
飾らないことが
美しいのです


訪問者数:    本日: 昨日: