ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

時間という葉

私たちの人生は
大樹に似ている

その木についている
葉っぱ一枚いちまいが
一日の時間を
現わしている

六十年生きれば
およそ二万二千枚の
葉がついていて
一日一枚
散っていくのだ

すべて落ちれば
死を迎える

今年も
三百六十五枚の葉が
落ちてしまう
落ちてしまった葉は
何色をしているだろう

できれば
美しい赤い葉のように
人の幸せに
通じていけばと思う

一枚の葉の重みを
静かにかみしめてみる

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: