ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

抱かれてある

信じることは
難しいことだ

神仏を信じていて
良いことがあれば
信じていて
よかったと思う

神仏を信じていても
不幸があれば
人は
神も仏も
あるものかと
つい思ってしまう

そんな人の
動揺する心を
やさしく包み

神仏は
わたしを
いつも
見守っている

神仏はいつも
わたしに
いつも
ほほえみを
くださっている

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る