ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

二つの思い

我欲が
心をおおうと

人は
あたかも
闇の中にいるように
進むべき道を
見失う

正直さが
心に満ちると

人は
あたかも
霧がさっと
晴れていくように
進むべき道が
見えてくる

我欲を捨て
正直な思いで
この一年を
振り返ってみる

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る