ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

風よ吹け

暑さのなかに
涼風が吹いて
救われた気持ちに
なるときがある

人生もそうだ

苦しみのさなかに
あなたの
笑顔の風は
心を癒してくれる

悲しみのときに
あなたの
やさしさの風は
ほほえみを誘う

いらだちのときに
あなたの
穏やかな風は
自分の
いたらなさを
反省させる

不満のときに
あなたの
ありがとうの風は
すべてを
喜びに変える

私も
そんな風を吹かせて
生きてゆきたい

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る