ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

光とともに

生きていくには
苦難や
心配ごとがたえない

それらに
心を奪われ
翻弄されていると
いつか道を失い
不平が口から
こぼれ落ちる

新年の光は
新鮮で
すがすがしい

その光を両手にうけて
安らぎに満ちてみる

そして光とともに
歩むのだ

光は
希望であり勇気
すべてのものに対する
感謝の思いでもある

苦難も
心配ごとも
光の前には
敗北していくしかない

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: