ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

知恵の光

人は
誰しも
道に迷うことあがる

迷い道に入ったとき
どうしてよいか
分からず
がむしゃらに
突き進む人がいる
ふさぎ込む人もいよう

それは
いかに生くべきかの
知恵が足りないからだ

心を穏やかにして
仏陀の教えを
よく学ぶとよい
何が正しく
何が間違いなのかを

渋柿が
ゆっくり熟して
甘くなるように
知恵の光を
やがて放てる人となれ

そのとき
迷い道が
真理の道に変わる

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る

訪問者数:    本日: 昨日: