ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

まごころ

まごころのことを
書こうと思って
机に向かったが
こんな大切なことは
語れない

まごころとは
偽りのない
素直で誠実な思い

そのような
純粋な思いを書くには
まだまだ
未熟さを思う

しかし
川を渡らなければ
向こう岸につけない
山を登らなければ
山向こうの町につけない

だから
自らを叱咤して
まごころの世界へ
分け入ってみる

そこに見えてきたものは
白いやさしさと
ほほえみの道

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る