ホーム > 法愛 > 扉の詩

扉の詩

悲しみの後に

六月の雨は
悲しい

紫色に染まる
あじさいも
雨にうたれて
悲しみの涙を流す

悲しいときには
泣けばいい

悲しいときには
空を見上げて
静かに泣け・・・

やがて
その悲しみの涙が
あなたの瞳の色を
純粋にする
悲しみの思いが
あなたの心の根を
深くする

そして
いつの日か
悲しみが
ほほえみに変わるとき

やさしさが
心のうちから
あふれだしてくる

バックナンバーを読む このページの先頭へ戻る